歯の黒ずみを取る方法をご紹介します!

歯の汚れは「浮かせて落とす」ことが鉄則!汚れが付かない美しい歯に。
歯の黒ずみは、歯に着色汚れが付着している状態です。歯を白くするには、ステインや茶シブなどを、浮かせて落とす必要があります。黒ずみを浮かせる成分が、配合された歯磨き粉を使いましょう。研磨剤を使わずに、汚れに吸着して除去するようなものがおすすめです。歯を傷つけないことで、汚れの再付着を予防します。

歯の黒ずみをきれいに落としても、すぐにまた付着してしまいます。黒ずみを防ぐためには、歯に着色汚れがつくのを予防する成分が、配合された歯磨き粉を選びましょう。歯をコーティングするようなリンゴ酸などがおすすめです。毎日磨く事で、汚れない歯を作ることができます。

歯周病になると、歯と歯茎の間に汚れがつまりやすくなり、歯の根元も黒ずみやすくなります。歯周病を予防し、黒ずみも予防しましょう。歯周病を防ぐ成分が、配合されているものを選びましょう。口腔内を健やかに保つ事は、虫歯や歯周病を予防することはもちろん、そのほかの病気を予防することにもつながります。白くて健康な歯と歯茎は、あなたの体の健康につながります。口腔内を清潔に保ちましょう。